MENU

BUSINESS戦略商品:バイオポリエチレン

ニュース

バイオポリエチレン

豊通ケミプラス生活資材本部は、サトウキビ由来のバイオプラスチック樹脂、“グリーンポリエチレン”を取り扱っています。
グリーンポリエチレンは、ポリ袋やプラスチック容器の原料をはじめ、多種多様な用途に用いられています。グリーンポリエチレンは南米最大の化学メーカーであるブラスケム社によって製造されています。
ブラスケム社は世界で初めて植物由来ポリエチレンの商業生産を開始しました。
アジアオセアニア地域のディストリビューターである豊田通商と協業し、ブラスケム社と協力体制の下、地球環境に優しく、食料と競合しない、
持続可能な再生可能資源の開発及び拡販を目指してまいります。

植物由来ポリエチレンの特長

バイオプラスチックとは、原料に再生可能な有機資源由来の物質を含むプラスチックのことを言います。
ブラスケム社は2011年1月に世界で初めて植物由来ポリエチレンの商業生産を開始し、アジア/オセアニアにおいては豊田通商がブラスケム社の
正式パートナーです。
サトウキビ由来のグリーンポリエチレンは再生可能資源としてポリ袋やプラスチック容器の原料をはじめ、多種多様な用途に身近なところで
用いられています。ブラジル産エタノールは石油由来と比較すると、製造工程でのエネルギー消費量が少ない利点に加え、サトウキビから砂糖を
精製した後の搾りかす『バガス』を焼却して発生した電力を利用しており、従来に比べCO₂排出量を多く削減することができます。

石化由来と植物由来ポリエチレンの製造工程の比較

石化由来と植物由来ポリエチレンの製造工程の比較石化由来と植物由来ポリエチレンの製造工程の比較

BRASKEM社について

南米最大の化学メーカーの、BRASKEM社はサトウキビ由来のバイオプラスチック樹脂、
“グリーンポリエチレン”を製造しています。
BRASKEM社は2011年に世界で初めて植物由来ポリエチレンの商業生産を開始しました。
グリーンポリエチレンは、ポリ袋やプラスチック容器の原料をはじめ、多種多様な用途に用いられています。

BRASKEM社公式ウェブサイト(英語)

BRASKEM社グリーンポリエチレンについて (英語)

ポリマー生産能力

ポリエチレン 3,035千トン
ポリプロピレン 4,000千トン
ポリ塩化ビニル 710千トン

植物由来ポリエチレン事業

商業生産開始 2011年1月(世界初)
生産量 20万トン/年
生産者 ブラスケム
アジア地区販売 豊田通商(株)
工場立地 ブラジル・南リオグランデ州・トリウンフォ市
生産品目 高密度ポリエチレン (HDPE)
直鎖状低密度ポリエチレン (LLDPE)
低密度ポリエチレン (LDPE)

植物由来PEのライフサイクル評価について

温室効果ガスの削減と、GHG排出量のシナリオ評価は以下の通りです。

グリーンポリエチレンのグレードリスト

(S:Sustainable)
種類 グレード 密度
(g/㎤)
MFR (g/10min) 備考 最小バイオ度数(%)
190℃
2.16kg
190℃
5.0kg
190℃
21.6kg
HDPE 中空成形 SGF4950 0.956 0.34 28 96%
射出成形 SHA7260 0.955 20 94%
SHC7260 0.953 7.2 94%
SGE7252 0.953 2.0 96%

バイオポリエチレン採用実例

みなさんの身近にある商品に使用されています。

pagetop